HOME > 製品・サービス案内 > マルチディスプレイシステム Synchronity

マルチディスプレイ メイン

リーズナブルな価格設定。直感的な操作。

マルチディスプレイをもっと身近に。

あらゆるレイアウトに対応。
普通の単面ディスプレイには出せない、圧倒的臨場感。

一般的に90〜100インチなどの大型ディスプレイは、受注生産となるため、価格も300万円以上と、非常に高価なものとなります。
しかし、マルチディスプレイシステムを使うと、42インチディスプレイ(5〜10万円程度)×4枚と、とてもリーズナブルな価格で大型画面を作り出すことができます。また、単面の大型ディスプレイですと、故障時など、全て買い替えとなりますが、複数ディスプレイだと、故障部分のみの買い替えとなり、こちらも安価なものとなります。
さらに、横や縦、さらには斜めなど、あらゆるレイアウトにも対応。単面のディスプレイには不可能な、圧倒的な臨場感とデザイン性を生み出すことができます。

Synchronity レイアウト例 Synchronity レイアウト例

映像機器や、PCなどの専門知識は一切不要。
家電を扱うように、簡単なリモコン操作だけで設定可能。

多くの方が、ディスプレイの繋ぎ合わせなど、専門的な映像機器などの知識が必要と思っています。
しかし、「Synchronity」は、配線もシンプル。初期設定もディスプレイに映る画面を見ながら、リモコンひとつで行えます。その後は、毎日ディスプレイ、再生機器などの電源を入れるだけでOK。
専門的な知識やスキルは一切不要。家電を扱うような感覚で操作できます。

必要な機能は全てディスプレイの画面から、リモコンで選択。
画面レイアウトや、色味の設定など、PCを必要とせずに解決します。

設定画面
接続例
接続例

PinP、PoutP機能で、より効果的なプレゼンテーションを。

PCなどからの映像を背景に、ビデオカメラやその他出力機器からの映像を小窓に写す「PinP」。画面を2分割して、2つの出力機器からの映像を写す「PoutP」。
これら機能を使って、製品のイメージムービーを背景に、製品の説明を小窓で流すなど、単画面では不可能な効果的プレゼンテーションを実現します。

Synchronity PinP接続例 Synchronity PinP PoutP画面例

TVごとに画像を回転できるので、一般市販ディスプレイでも、
フレームサイズの違いを補填できます。

TVごとに映像を回転できるので、一般的に売られている液晶ディスプレイのフレームサイズの違いを補填できます。
マルチ専用の均一ベゼルのディスプレイも不要となるため、低コストでマルチディスプレイを構築することができます。

Synchronity ベゼル補正
Synchronity PinP PoutP画面例
  1. 電源 On/Off スイッチ
  2. Reset
  3. IR 受信部
  4. 各種LED表示 (Main in/Power/PIP in/TV1~TV4)
Synchronity PinP PoutP画面例
  1. HDMI出力ポート (TV1~TV4)
  2. DisplayPort 入力ポート
  3. HDMI ループアウトポート
  4. HDMI 入力ポート
  5. DVI-I 入力ポート (HDMI, DVI-D, VGA 入力対応)
  6. RS-232 制御端子
  7. IR 端子
  8. DC IN 電源
特長
  • 1台4面のHDMI出力。
  • 本機同士の接続により、6、9、16面などのも構築可能。
  • 変形ディスプレイレイアウトのパターンはプリセット33パターン。
  • その他、マニュアルモードで自由なレイアウトが可能。
  • 最大4K/2K(3840×2160)30p入力コンテンツに対応。
  • 映像の回転が可能。
  • 最大5通り入出力パターンを記憶 し、それらパターンを呼出して表示が可能。
  • PinP (ピクチャー・イン・ピクチャー )対応により2系統入力の映像を1画面 に表示することができます。
  • PoutP(ピクチャー・アウト・ピクチャー)対応により2系統入力の映像を1画面に分割表示することできます。
  • PC不要。リモコンだけで設定、操作可能。
  • リモコンボタン スイッチ RS-232Cからの制御が可能です。(オプションで ネットワーク経由でも制御可能です)
ハンディターミナルお問い合わせ